ライブラリーについて

「奥多摩ブックフィールド」開設顛末記

どこかに本の置き場を作れないか、といったことを、同様の悩みを持っている方々に訴え続けていると、「まちライブラリー」提唱者の礒井純充さんが、宴席で「いい場所があるよ」との呟き。その一言を聞き逃すわけがなく、場所を訊くと「奥多摩の廃校」。早速、現場を見に行くことにした。
旧奥多摩町立小河内小学校で、2004年3月に廃校となった。都内に僅かしか残っていない築60年ほどのヒノキ造りの木造校舎。ダム建設に伴い、この場所に一九五七年に移転した。校庭には創立百周年記念碑が残る。場所は奥多摩駅からバスで30分ほど、目の前に「学校前」というバス停がある。青梅街道沿いの「峰谷橋」というバス停からも1キロ弱で歩ける距離。
校舎を目の前にして、「一目惚れ」。交通の便はよくないが、それを補って余りある建物の魅力があった。その場で、「やりましょう」と返事。この建物に礒井さんが着目したのが2011年3月10日。翌日に東日本大震災が起こった。その時点では町が管理していて、使用の自由度も低かったが、2013年11月より地元の「東京・森と市庭」の管理となり、可能性が拡がった。そこに、「まちライブラリー」を、との構想が持ち上がったが、立地の問題もあり、単独での実行には至らずにいた。そこで「どむか」の悩みを聞き、上述の「呟き」となったのだろう。こうして「まちライブラリー」と「どむか」のプロジェクト「奥多摩ブックフィールド」が立ち上がることになったのである。借主は法人でなければならないので、「まちライブラリー」に担ってもらった。それゆえ、正式名称は「山のまちライブラリー」だが、広く本を中心にした場を作り上げていきたいと思い、施設の「奥多摩フィールド」に「ブック」を加え、「奥多摩ブックフィールド」を併記することにした。
立ち上げの際には、「まちライブラリー」のつながりで文学者のマイクロライブラリー「専門家の蔵書活用を考える会(準備室)」の力徳裕子さんが加わった。同会は、戦後身銭を切って書籍を購入してきた世代の貴重な資料や蔵書を散逸させることなく、それら「知の集積」を活用できる場を作りたいとの思いで作られた。具体的なアクションとして、遺族から本を活用してほしいという申し出があり、若くして亡くなったドイツ文学研究者の蔵書約二千冊が、廃校に運び込まれた。「どむか」は芸術系の画集やサブカルや文学系の雑誌のバックナンバーなどの蔵書約千冊と、「本」に関わるオブジェなどを第一弾として持ち込んだ。
本の搬入に先立ち、床の雑巾がけ、学校中の本棚の運び込みなど、4回ほど準備のために足を運んだ。ドイツ文学者の2000冊は、2トントラック2台で運び込まれ、200以上の段ボール箱はバケツリレー方式で棚まで運んだ。以降、数回にわたり遺志を継ぐ研究者により、並びが整えられていった。
そして、2018年8月18日、奥多摩小河内の町おこし団体「Ogouchi Banban Company」が同校体育館で行う夏祭り「まちおこしモンスターフェス2018」開催日に合わせてお披露目会を開いた。募集に応じた2組を加え4組ほどで「一箱古本市」的なブックマーケットも開催。「どむか」や「まちライブラリー」関係者に、「フェス」参加者も加わり、賑やかな会となった。
まだ、定期的に開館できる体制が整っていない状態だが、奥多摩には本屋がなく、本に触れる施設も少ないと聞く。プライベートライブラリーではあるが、地元の役に立てればとも思う。広域から人が集うブックイベントなども出来たらよいな、とも夢想している。
(どむか記、「出版ニュース」10月上旬号掲載)

ライブラリーについて

蔵書の情報などお伝えする予定です

 

タイトルとURLをコピーしました